スマートな美しい身体を作る骨盤矯正

骨盤が歪んでしまうことで股関節から大腿骨へ骨盤は繋がっていることから、大腿骨も外側へと次第に歪みを生じさせてしまいます。
このことから骨盤の歪みを放っておきますと、美容をするにあたって大きな悪影響を与えてしまうことになるのです。

 

足と足の間にO字型の隙間が空いてしまっている人がいわゆるO脚と言われるもので、日本人に多くなっています。
O脚となってしまいますと、改善することが難しく、とにかくまず始めに骨盤矯正をしなければいけないのです。
「エステは高いから利用したくない」と考えている女性も多いことかと思いますが、実際のところ本当に高いのでしょうか?
実は一昔前と比べて一つ一つのメニューが安くなってきており、さらにキャンペーンも充実し割安で受けることが出来るのです。 元々はまっすぐ伸びている大腿骨と頚骨のバランスが大腿骨に大きな歪みが現れてしまうと、崩れてきてしまいます。
スマートで美しいスタイルを求めているのでしたらこれは天敵であり、不自然なスタイルを作ってしまうことになるのです。



スマートな美しい身体を作る骨盤矯正ブログ:20191130

コンバンワー

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装した息子たちが
「Trick or treat?(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のお菓子メーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコレートやクッキーのように
限定したお菓子ではなく、
お菓子という括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

チーズケーキはもちろんのこと、
お煎餅や大福までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りやトレーニング会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

息子たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
ドイツではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もお菓子もその言葉だけで
息子たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

――――――以上で今日の報告を終わります。