キャビテーションはシェイプアップの歴史を根本的に変える

これまでのシェイプアップが嘘のような大きな効果を人気のキャビテーションを受けることで、得ることが出来ます。
今では日本でも効果的なシェイプアップ方法として人気が出てきており一昔前まで米国や韓国で多く利用されてきました。

 

その効果は年齢層問わずに人気があり、まだ日本にキャビテーションが上陸をしてから数年しか経過していませんが実証されています。
気になる脂肪だけに照射され破壊をしていきますので、リバウンドが起こってしまうことはまず考えられないのです。
何事にも原因があるように美容にも原因があり、まずはそれを対策する方法を見つけなければ同じ繰り返しになってしまいます。
インターネットで公開されている対策方法の中には間違った情報もありますのでご注意ください。 これまで一般的なシェイプアップ術として美容外科で提供をしている脂肪吸引が知られていましたが、メスを使用しないキャビテーションが人気となっているのです。
身体を傷付けることがありませんのでダウンタイムも必要ありませんし、またアフターケアも基本的には不要となっています。



キャビテーションはシェイプアップの歴史を根本的に変えるブログ:20191012

特定の食材だけを食べ続ける
「単品減量」という方法がありますが、
これは良い効果が現れない上に、
体質の調子も崩してしまいがちです。

ちょっと前に、
「りんご減量」って流行りましたよね。

この減量方法は、
りんごと水以外は一切口にしてはいけないという
かなりきつい減量です。

あたくしの友達は、
がんばって3週間続けたそうですが、
確かに体重は減りましたが、見た目はガリガリで美しくなく、
常に空腹の状態で体力がすっかり落ちてしまったそうです。

そしてりんご減量をやめた後は、
結局すぐにリバウンドしてしまい、
体調がものすごく悪くなってしまったそうです。
元の健康な体質に戻るまで、とても苦労したようですよ。

他にも、
ゆで卵減量やグレープフルーツ減量、
パイナップル減量など
有名な単品減量がありますが…

これらの減量方法は、
極端に摂取するカロリーが減少しますので、
体重を短期間で減らすことはできるものの…

ひたすら同じ食材ばかりを食べるということで、
栄養が偏ってしまい体調を崩してしまいます。

摂取するカロリーがあまりに少ないので、
体質が軽い飢餓状態だと認識して、
十分なエネルギーを脂肪細胞に蓄積しようとします。

そして、
減量をやめて普通の食生活に戻ったとたんに
リバウンドを起こしてしまいます。

このような「単品減量」は
できれば行なわないほうがいいと思います。

規則正しい生活をして、
バランスの良い食事を摂り、
適度な体操をして減量することが
一番いい方法だと思います。