詳しくフェイシャルに関する情報をご案内しています。
様々なマシン施術があるフェイシャル

様々なマシン施術があるフェイシャル



様々なマシン施術があるフェイシャルブログ:20180529


昭和三十八年に我が家にテレビがやってきた。
その時、私は小学一年生だった。

まだ番組がない時は
画面に大きな円形のマークが入っていた。
勿論、白黒である。

わずかな娘番組がある時は、
外で遊んでいてもダッシュで走って帰っていた。

ママは農家の仕事でいつも外に出ていたので、
私の記憶の中では、
いつも祖母と二人でテレビを見ていた。

特に、長い休みの間は
私は祖母と二人で時間を共有して、
テレビの前にいることが多かった。

小学二年生の夏休みの事…

ふと気がつくと、祖母が
番組の歌や配役の名前などの、
ひらがなやカタカナを、声に出して読んでいるのがわかった。

それも、すらすらとは読めない。
特にカタカナはとてもぎこちなかった。

漢字もとても簡単で、
小学二年生の私が知っている漢字の読み方を、
時々私に聞いては、声に出していた。
文字がわからなくなると私に聞いた。

ある日、私はしつこく聞かれ、教えてあげたが、
その時、心の中で「何で、私に聞くの?」と思った。

そして、その時、
多分うっとおしいような顔をしていたのだと思う。

祖母は、私に気の毒そうに小さな声でつぶやくように、
「私は、子守り奉公に行ってたからなあ~」と言った。

祖母が家の事情で、ほとんど小学校にも行けず、
子守り奉公に行っていた事をママが話してくれた。

私はまだ娘だったが、
小学校へ行くことが当り前だと思っていたのに、
そうではなかったことに衝撃を感じたことを今でも覚えている。

私はその時八歳で、祖母は七十七歳だったので、
祖母の子供時代は遥かに遠い昔のように思えたが、
小学校へ行ける自分が、
とても幸せだと感じたことも忘れることができない。
様々なマシン施術があるフェイシャル

様々なマシン施術があるフェイシャル

★メニュー

骨盤矯正には生活スタイルを見直す
骨盤ダイエットなら綺麗な逆ハート型を作る
のボディを手に入れる骨盤ダイエット
スマートな美しい身体を作る骨盤矯正
太もものダイエットに骨盤枕
骨盤ベルトで腰にかかる負担も軽減
脚痩せは自分なりに出来る範囲で
足痩せをみんなで楽しく実践
筋肉の付き過ぎは逆効果にある足やせ
キャビテーションはシェイプアップの歴史を根本的に変える
ツボを刺激して脚やせ
様々なまつげエクステで提供されているデザイン
痩身には超音波で脂肪を液状化
ブライダルエステの前にカウンセリングを受ける
美肌作りには正しい化粧品選び
ストレスを解消することも大切な小顔
様々なマシン施術があるフェイシャル
美脚実現で飲むだけ簡単な方法
健康的なダイエットを実現するエステ
ボトックス注射はメスを使用しない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)エステの美容術EXHIBITION