詳しくフェイシャルに関する情報をご案内しています。
様々なマシン施術があるフェイシャル

様々なマシン施術があるフェイシャル



様々なマシン施術があるフェイシャルブログ:20160314


みなさま、グッドアフタヌーン(気取りすぎ?

箸で食事をする制度を採用したのは、
聖徳太子だと言われています。

遣隋使が中国の食事作法を伝え、
それを真似たのが始まりなんだそうです。

もっともこれは宮中の話で、
その頃の庶民は、手で食事をしていました。

手づかみで食事をする生活は、
現代からでは想像しにくいものですが、
箸でライスを食べる事が本格的になったのは
8世紀になってからです。

宮中や儀式用に金属製の箸もありましたが、
庶民は木々を削って作りました。

そしてこれらの木々には、
神が宿っていると考えられていました。

食事を前に、箸を手に取って祈り、
恵みをいただけることを自然の神々に感謝しました。
現在の「いただきます」は、この慣習のなごりなんですね。

大自然の神々からの恵みを
神が宿る箸によって口に運ぶ日本人の食事は
なんとも崇高なものだと思えます。

箸を使う民族は、中国、朝鮮半島、台湾、ベトナムなどで、
世界の約30パーセントですが、純粋な箸食は日本だけです。

その他は、箸とスプーン、
あるいはレンゲなどを組み合わせて使っています。

日本のライスは、粘り気があるため、
レンゲなどですくわずとも箸で食べることができます。

汁物は、
器を持って口元に運べば
スプーンも必要ありません。

この器を持つ行為は、
箸だけを使う食文化ゆえのものです。

スプーンでライスを食べたり汁を飲む韓国では、
器を持つことはお行儀が悪い行為になります。

このように食事に使う道具は
食べ物や作法と関わりあっているのです。

人に対しての細やかな心配りと優しさは、
純粋な箸食文化によって培われたものではないかと思います。

おしまい!!!
様々なマシン施術があるフェイシャル

様々なマシン施術があるフェイシャル

★メニュー

骨盤矯正には生活スタイルを見直す
骨盤ダイエットなら綺麗な逆ハート型を作る
のボディを手に入れる骨盤ダイエット
スマートな美しい身体を作る骨盤矯正
太もものダイエットに骨盤枕
骨盤ベルトで腰にかかる負担も軽減
脚痩せは自分なりに出来る範囲で
足痩せをみんなで楽しく実践
筋肉の付き過ぎは逆効果にある足やせ
キャビテーションはシェイプアップの歴史を根本的に変える
ツボを刺激して脚やせ
様々なまつげエクステで提供されているデザイン
痩身には超音波で脂肪を液状化
ブライダルエステの前にカウンセリングを受ける
美肌作りには正しい化粧品選び
ストレスを解消することも大切な小顔
様々なマシン施術があるフェイシャル
美脚実現で飲むだけ簡単な方法
健康的なダイエットを実現するエステ
ボトックス注射はメスを使用しない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)エステの美容術EXHIBITION